昨日の恐ろしい夢

0
    昨日、うっかり昼寝(夜寝)してるときに、すごく怖い夢を見た。
    結構よく覚えてるから、景色を簡単に書き起こしてみた。
    グロ注意なのです!







    まず最初、リアルでトイレに行きたかったらしく何度かトイレに行ってたんだけどw
    こんな場所のトイレに入った。


    だけど、隣にある建物の階段を上がる人からトイレの中が丸見えで、オッサンとかがこっち見てくるから用を足せず…


    で、その階段の左側にはこんな更衣室のようなシャワー室の様な場所があるんだが、
    この時から誰かにこの場所の説明を受けながら自分が移動している。
    女の人がこの中で男の人に「最期に」遊ばれて、かつ体を入念にシャワーできれいにするらしい。
    そうしたらその横にある奥の階段から2階へ上がる。
    (海水浴場のような感じ)


    2階では、大きな包丁や鉈を持った人達が(給食を作るおばさんのような白い帽子と白い服を着ている)
    上がってきた女の人達を生きたまま解体していく。


    正直恐ろしくて解体現場の説明とか紹介されても目を背けててちゃんと見てない。
    で、次の階に行くと、その解体された体細かくすりつぶされたり加工されている現場がある。
    すごく広い工場みたいな部屋に長いテーブルがあって、たくさん人がそこで作業してる。
    もちろん夢でも血みどろ。


    なんやかんやあったんだけど、再び外。
    さっきの更衣室の、階段とは逆の隣側に(屋外に)
    バーベキューみたいに石で積まれた場所に鉄の棒を渡した状態のところがあって、炭火でじりじり人が焼かれている。
    というか自分自身がそこにいた。
    自分はリアルの姿ではなく、なんか30代〜40代くらいのオッサンだった(何故)
    ものすごい熱さと、痛さと、じわじわすぐに死ねない苦しみ、
    でもこのままだと焼け死ぬ、という恐怖と共にある状態。
    逃げようとするけど体が上手く動かないし、腕とか鉄の棒に焼き付いてたりする。
    もう、ホントに死ぬ!ってところでギリギリそこから起き出して逃げることが出来て、そこの隣にある溜め池のようなところで体を冷やした。
    自分の腕が焼けて水ぶくれになってるような状態がひどかった…

    で、目が覚めた次第でございます(´・ω・`)
    一体何故こんな夢を見たのか…ホント怖かった〜

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック