htc sensation xeのレビュー(日本語化とか)

0
     前回の記事にはたくさんのコメントありがとうございました。
    全部返しきれてませんが、今日やっと時間が取れるのでコメント返信も兼ねてレビュー書きます。

    さて、海外のsimフリー機を買うということは、まさか最初から日本語が使えるワケではない。
    でも、これはアプリのすごいところで、日本語化するアプリを入れれば良いだけ。
    これはかなり簡単。

    ■日本語化手順
    android marketで、「MoreLocale 2」というアプリを探します。
    ▲ぅ鵐好函璽襪靴泙后
    アプリを開いて「Japanese(Japan)」を選択します。

    以上!!
    簡単でしょw

    デメリットとしては、日本語とはいえフォントが中国フォントなので、
    「直」という字とかちょっと妙な簡体字が混じってたりする。
    でも読めないことは無いので問題ない!
    どうしてもフォントを変えたいのならルート化するしかないのです。


    コメント返信。
    Phucさん
    ごめんなさい。Xperia Arc Sを持ってないので、どっちが良いかはわかりません。
    ただ、個人的な意見を言わせてもらいますと、まずメーカーが違うので、androidOSの上で動いているUI部分がまったく違います。
    ソニーエリクソンも独自のデザインをがんばっていますが、HTCに比べると最初から使えるウィジェットの多さやデザインが劣ってる気がしますね。
    これは人の好みによるんでしょうけど。
    私も初代android端末はxperia X10でしたが、ウィジェットまったく使えませんでした。
    htcのheroというウィジェットに似せて作られたアプリをわざわざインストールして使ったくらいですw
    …参考になりますでしょうか?

    neko_marukoさん
    ローマ字入力できますよ。
    ただし、文字入力アプリを入れれば、ですけど…。
    私はもうatokを入れているので、それでガンガン使えます。
    無料でも文字入力用アプリが出ているので、それを入れれば大丈夫です!
    音楽ですが、本体メモリは1GBの容量があります。
    microSDは32GBまで対応してます。
    この辺のスペックは調べれば出てくるので調べましょうね。
    「SIMなくてもWi-Fi使えますか?」ということですけど、
    android端末は3Gが使えなくてもwifiだけは使える端末とかあるくらいです。
    答えは「使えます」
    ただ、海外simフリー機買う前にもっとandroidについて勉強しましょう。
    詳しくなってから手を出さないと色々後悔することとかあると思います。
    私も全て分かってるつもりは無いので偉い事言えませんが、
    分かることがあれば色々書くことは出来るので私を利用してくださいねw

    TOMOさん
    ラジオ使ってみました。
    どうやらイヤフォンがアンテナ代わりになっているようで、イヤフォンささないと起動してくれませんでした。
    で、日本の周波数はやはりだめでした。初回の範囲がそもそも違っていて、
    その範囲でしか選択できません。
    変更する場所も見当たりませんでしたね…。
    ルート取らないとだめそうですね。
    私はラジオ付きのbluetoothワイヤレスヘッドセット買っているので本体付属のは使ったことなかったです〜。
    ↓これです。



    ところで、やはり海外から本体輸入すると、ケースやフィルムが日本で手に入らないという問題点があって…。
    何種類か買って駄目だったりというのが多くて…
    金が飛んでいく…。

    アマゾンあたりで売ってないのかと調べてみたら、逆に本体が売りに出されていて驚きましたw
    英語でがんばって輸入するより簡単に買えますねw
    まぁ、仲介料といいますか、自分で輸入するより若干高かったりもするんだけどねw
    それでも楽に買いたかったらどうぞ!
    しかもフィルム付きw↓

    上のが売り切れになってしまったっぽいので他のも紹介。
    白のsensation xeですよ!


    コメント
    教えてください。
    このブログ発見して興味が出てきました。
    購入に当たりの費用等が分かれば教えてください
    よろしくお願いします。
    • ALPHONSE
    • 2011/11/27 6:36 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック